人は安心することで痩せられる

ダイエットと言えば体を動かすイメージがメインですが、体を動かすのがダイエットだけではない、というパターンも最近は多く見ます。

そういう場合で自分が、あまあダイエットとそのまま書くのは少し違うかと思われますが、「精神的に太るも痩せるもあり」ということだと思います。

暴飲暴食とは違います。

数年はとあるものすごく迷惑な人物の体系、とにかく太い、丸いという体系を真似ないように、また親もどちらかというと太りやすいという部分があるので、

ひたすらに体重というもの、体系というものを気にして生活している部分があります。

朝にどれだけ食べて、昼も食べて、夜はどうする、深夜帯に食べない……まあ普通にある食べ方でしょうが……

気楽に考えましょう。食べても太るとは限らない。そんな考え方をしているとどうでしょう。そこまで体重が増えていない。体脂肪率も安定してる。

それがどうでしょうか。いろいろなことが気になる、迷惑、目障り……そのようなマイナスイメージを頭の片隅に付けて人生を過ごしていると。

増えるなり減るなり、体重の変化が、幅振れが大きいことになる、ただ体脂肪は……増えている。

このままだと太る、あいつと同じになる!! そんな恐怖を感じていると太っていく状況。

ですが、そこまで考えないと太りにくくなる。邪念というものは怖いものです。人間の生活、ひいては寿命をどこまでも左右する。

目の前の体重増加に怖いあなた、息を吸って、落ち着いて、それから、頭をまっさらにしてダイエットを考えてみては。

産後ダイエットにはトコちゃんベルト

出産後にお腹周りやお尻の周りがなんだかたるんだといった方、多いですよね。

私もその1人でした。

しかし産後にあることを一つ、毎日欠かさずしていたらあっという間に痩せました。

産後直後からやるというのが条件ですが、それはトコちゃんベルトを毎日欠かさず巻くということです。

トコちゃんベルトは出産前に早産予防などのために巻くことが多いですが、産後でももちろん使うことができます。

むしろ私は産後の方が使用頻度が高かったかもしれません。

産後直後に巻くことで、緩くなっている骨盤を引き締めることができます。

私の場合、毎日巻いているとマジックテープの止まる位置が変わることで、だんだん引き締まってきているというのが実感できました。

私は出産前は上半身は細めなのですが、お尻と太ももが太くてバランスが悪いという、いわゆる洋梨体型でした。

食事制限や筋トレで体重は減っても、お尻周りと太ももはなかなか痩せることができなかったので諦めていました。

しかし産後にトコちゃんベルトを巻くことで、産前よりも下半身が細くなったのです。

もともときっと骨盤が開いていたため洋梨体型でしたが、産後緩んだ骨盤は締めやすくなっているのでベルトによって産前よりも骨盤が良い状態になったのだと思います。

骨盤は締めたくても難しかったり時間がかかりますが、産後直後ならチャンスかもしれません。

秋の味覚のカボチャを紹介します。

秋にはとても美味しいカボチャ。

ちょうどハロウィンで賑わう時期でもあり、お菓子やスイーツなどのパンプキン味がたくさん出回ります。

そこで、秋の味覚のカボチャには、どのような栄養や効果があるのかなどについてご紹介したいと思います。

日本で出回っているカボチャの殆どが栗カボチャで、栗のように濃くて甘い風味とホクホクとした食感が特長です。

美味しいカボチャの選び方は、皮が綺麗で表面がゴリゴリしていて、爪がたたないのが良品で、ずっしりと重い物をお勧めします。

かぼちゃの生産地は、1位:北海道、2位:鹿児島、3位:茨城県、4位:長崎県、5位:千葉県です。

かぼちゃの栄養成分は、ビタミンA・C・E、・B1・B2・カルシウム・食物繊維・β―カロテン・鉄・ポリフェノール・ミネラルなどが豊富に含まれています。

かぼちゃの効果は、ガン予防・冷え性・体力回復・高血圧・貧血・精力減退・風邪予防・動脈硬化・老化予防・更年期緩和・ダイエット・シミ、しわ予防・吹き出物の改善などです。

以上で「秋の味覚のカボチャ」についてでした。

何気に食べているカボチャにはたくさんの栄養や効果があり、女性にも嬉しい美容効果もあります。

そして上記を参考にしていただき、定番の煮物やカボチャサラダなどにして積極的に取り入れ、いつまでも健康的な体と、若々しさを手に入れましょう。

ストレスためないことがダイエットの近道!たくさん寝てたくさん動いてダイエットしよう!

実際に効果があったダイエット方法は睡眠とスケジュールを詰め詰めにするでした!

睡眠時間が短いと体内時計がくるってしまい暴飲暴食につながってしまうので私の場合は睡眠時間は削らずにむしろ意識をして睡眠をとり体に過度な疲労が残らないようにしました。暴飲暴食はそれによって防ぐことにつながりましたし、無駄食いは減りました。

また暇な時間が多いと結構お菓子とかに手が伸びがちですがスケジュールをみっちりさせることによりそれを防ぐことができました。でも先ほども述べたように過度な疲れがたまってしまうと私の場合は食事にすぐに影響が出てしまうので疲れない範囲でスケジュールを詰めました。午前中はセミナーに参加し、お昼とお昼寝ができるある程度に時間をおいてから午後は何か予定を入れる…という感じでとにかく何かをする時間を作り間食を減らすよう努力しました。

もちろん運動をしないと代謝が落ちてしまい、なかなかぜい肉は落ちないので必ず移動は徒歩を基本としていました。もちろん疲れた時は電車やバスを利用していましたが帰宅後はすぐに寝る!などやはり疲れすぎないように私は努めました。

ダイエットって頑張って運動して、食事制限してって結構ストレスたまりますよね。私はそのストレスが逆に食欲増進させてしまう原因だったので皆さんも少しでもストレスをためないようにゆっくり休息をとりながらダイエットしてみてください