母から私、私から未来の子供へ

突然ですが、今では離れて暮らしている、母の胸がとても好きでした。グレープフルーツくらいの大きなサイズで、柔らかくて、ふたつが前を向いていて、服を着てもセクシーさが溢れていました。そんな胸の母乳を飲んで育ててもらったことにとても感謝をしていました。

http://www.fundacionaltadis.com/

昔は見慣れていた母の胸に対して「女性の胸はこんなもの」というイメージでいたのですが、徐々に温泉や修学旅行へ行くに連れて、母の胸はとっても理想的であることを知りました。

私は中学生くらいになって周りの女の子がブラジャーを付け始める頃になると、「私もそろそろかな。母みたいに遺伝してくれるかな」と思っていましたが、初経が高校2年生だったこともあって、遅いブラジャーデビューを果たし、今に至ります。そこからは豆乳やキャベツやマシュマロなど耳にする「胸に良さそうなもの」を沢山食べていました。しかしあまり大きくなりませんでした。その代わりとっても柔らかくて白くて母とは違ったチャームポイントがある胸に育ちました。愛さないとバチが当たりそうです。私もいつかお母さんになることができたら、子供のために母乳を出すお役目を果たすために、愛情をもってこの小さな胸を育てていきたいです。