アトピー性皮膚炎と生活水

私は生まれつきのアトピー性皮膚炎です。
小学校低学年の頃が人生で1番酷く、全身が爛れていました。真夏に皮膚科でステロイド薬を塗られ包帯ぐるぐる巻きにされました。低学年だったので特に周りから何かを言われることも無く過ごせたのですが、今思い返せば「生きてるミイラ」だなと自分でも思ってしまうような見た目でした。

PLUEST(プルエスト)の悪い口コミを徹底検証!効果なしの悪評は嘘?

それから部分的に症状が出るようになり手荒れが特に酷く、爛れてしまい「怪我したの?」と友達によく聞かれていました。「アトピーなんだ?」と言う勇気もなく、何で私だけこんな事になるんだと悩みました。それから両親の献身的なケア、食生活の改善もあり突発的な肌荒れ以外の症状は現れなくなりました。

そんな私も現在23歳になり、子供の頃のような酷い症状は出なくなりました。高校卒業後地元を出て一人暮らしを始めました。会社の借り上げアパートで普通に生活をしていました。
今年の4月、会社を退職しマンションへの引越しを行いました。

しかし、5月の末頃からいきなり身体中に湿疹が出始め痒くて痒くてたまりませんでした。寝ているうちにかいてしまい足が真っ赤に荒れてしまいました。そこから手のひら、腕、背中とどんどん荒れていき、おかしいなと思い始め手当り次第色々なことを調べました。

そこで分かったのが、生活水です。今まではアパートの2階だったのが現在はマンションの4階。調べているとマンションの貯水タンクには月末に塩素が添加されると書かれていました。

小学校中学校とプールに入っては肌が爛れていた事を思い出しました。何気なく使っていた生活水が私が1番嫌いなプールと同じ成分だったのかと衝撃を受けました。普通の方だと気にならないことを、私は気にしないといけないのかと、やはり普通の生活は出来ないんだと悲しくなりました。

母に話してみると子供の頃引越しした際も最初の半年はとても肌荒れが酷かったと聞きました。「言わなくてごめんね」と言われました。私も両親も症状が落ち着いていたので何も気にすることなく過ごしていたのだと感じました。
今は、塩素除去機能の付いたシャワーヘッドを購入し使用しています。それでも月末から月初にかけ軽度の肌荒れが出てしまいます。

たかが生活水、されど生活水です。アトピーは完治するのかどうかあやふやなアレルギーですが、上手く付き合っていかなければならないなと改めて実感しました。