COVID-19による影響

先日、緊急事態宣言が解除され出歩く回数が増えたと思う。ずっと家にいた時はマスクをしていなかったので肌が潤っていたがマスクをするようになってマスクが肌とこすれる刺激とマスク内で肌の水分が蒸発してしまい、肌荒れを起こしがちになった。自分は肌が弱いのでニキビができやすく、マスクを常にするようになって雑菌の増殖から悪化することが多々ある。

セシュレル

外出中は水分を取る機会が多少なりとも減少してしまうので肌の水分量も減少している。マスクをすることで肌には悪いことばかりである。COVID-19が流行しているご時世ではマスクをせざるを得ないが、あと半年、1年以上はマスクとともに過ごすこととなると思われるので悲しい気持ちである。

手においてもアルコール消毒やせっけんでの手洗いの回数が多くなり、手も荒れがちである。飲食店で働いているがゴム手袋をつけているので汗をかくとその水分がずっと手袋内に残るのでこの要因からも手が荒れがちである。クリームを塗っているがそれ以上にあれてしまうので非常に不快である。

今が冬場で無かったことがCOVID-19に対してどのような影響があるかわからないが肌への荒れ方だけで考えるとまだよかったと思う。